daisuke fukushi

6

スクエア・キャピタルとラスティック体
Square Capitals and Rustic

手書きの痕跡

1世紀頃から次第に形が確立されていき,トラヤヌス帝の碑文において完成をみたローマ大文字体ですが,この書体が碑文での使用を主としていたのに対して,同じ時期,書物や公式文書などで使われていたものになると,スクエア・キャピタルとラスティック体とよばれる二つの書体をあげることができます。
これらの書体は,碑文に用いられていたローマ大文字体の形をもとに,それをペンで書くことによって,書物用として使われるようになった書体です。どちらもパピルスなどの支持体に葦ペンで書かれることが多く,細部にその特徴を認めることができますが,スクエア・キャピタルがローマ大文字体の形をほぼそのまま引き継いでいるのに対して,ラスティック体はストロークやセリフの傾斜・形に,手書きの柔らかさや使われた道具の痕跡を多く残しているのが特徴です。また字幅の極端な狭さや,太い部分に弱く,細い部分に強くかけられている矛盾した筆圧という点も特徴的です。そうした変化にともない,威厳にみちたローマ大文字体に比べると厳格さが減り,少し角の取れた滑らかな印象のものへと変化していき,また同時に装飾性も帯びるようになりました。主な用途としては,書物のタイトルや序文といった割と目を引く部分に,比較的大きなサイズで使用されていたようです。そういった扱いをみても,そこには装飾的な意味合いが含まれていたことがうかがえます。この書体のそうした書物を中心とする使われ方は,その後5世紀の末頃まで続いていくことになりました。

普及する書物

このように文字の支持体とされていた書物の形態にも,2世紀以降になると変化がおこります。この時代は,徐々に碑文という顕示性の強い表現手段が衰退し,書物においては4世紀頃までの主流だった「巻子本(ウォルメン)」とよばれる巻物の形をしたものが,ページという概念を持った「冊子本(コデックス)」という形態へと変化していきました。それは巻子本に比べると非常に取り扱いのしやすい形であったこともあり,その後の本の読まれ方や書かれる内容にまで,多岐にわたる変化と広がりを与えていきました。

分裂とモザイク

4世紀から7世紀頃までの間,ローマ帝国は様〻な変化と分裂を繰り返す混乱の多い時代を過ごします。4世紀の末頃,多くの分派という分裂への要因を抱えたキリスト教がローマの正式な国教となり,それと時を同じくして始まった蛮族の侵入,また4世紀から5世紀の変わり目には,正帝・副帝といった複数の皇帝による共同統治・四帝統治という政治体制を繰り返すことに起因して,ついに一千年にわたる歴史を築いたローマ帝国が東西に分かれ,コンスタンチノープル(現トルコのイスタンブール)を拠点とした東ローマ帝国と,ラヴェンナを拠点とした西ローマ帝国への分裂という結果を招きます。
こうした社会の分裂と混乱は,言語においてもみられます。もともとローマ帝国の公用語はギリシア語とラテン語の二言語主義が一般的でした。国教となる前のキリスト教を広めたのはギリシア語によるものでしたが,4世紀の中頃を過ぎるころから徐々にそれがラテン語に置き換えられていきました。しかし帝国の東西分裂といった社会的な変動の中で,そうした二言語主義の文化にも隔たりが生まれ,それまでの文化を次の時代に残していくためにも当時の知識人たちの間では,編集・翻訳という作業が重要な意味をもつようになったと考えられます。それによってこの時期は,写本制作という作業が盛んに行われた時期でもありました。
ローマ性について語るとき,比喩的に用いられる表現としてしばしば「モザイク」という言葉が登場します。ローマ帝国は「古いものと新しいものが共存しているような,不均質なローマ性」 1 を備え,「地理的・言語的に多様な舞台の基礎/諸属州や諸都市,諸民族からなるモザイク」 2 であったと考えられています。また「『単一の』ローマ性は存在せず/『複数の』ローマ性が存在していた」 3 ともいわれ,そこは諸要素が複合的に絡み合い共存している,モザイクのような社会であったと想像できます。
4世紀前後のローマを特徴づけているこれら「分裂」という問題の多発は,モザイクという表現に含まれている,ローマがもともともっていた多様性という側面を考えると,何かのきっかけで,常に表面化せざるを得ない出来事だったのかもしれません。

集合住宅とキリスト教建築

権力を象徴するような,大掛かりな記念建造物が次〻と建てられていた西暦初頭,それと平行して日々の生活面においてもまた,一つの建築的な変化がみられました。それは庶民のおもな住処となった「集合住宅(インスラ)」の普及です。人口の増加にともなって,都市は拡大と同時に,限りある土地の節約にも迫られていました。生活する民衆にとってより狭く窮屈になった都市空間の不足を補うため,居住空間を上方へ拡張することによってその答えを導きだしたローマの街は,それまでの住宅の大半だった戸建住宅(ドムス)の街から,集合住宅が多くを占める街並へと変貌をとげていきました。
その後,4世紀の後半にあったキリスト教の国教化という大きな変動を受けて,宗教活動にともなう建築物にもまた一つの変化が訪れます。それがキリスト教建築の誕生です。キリスト教の影響によって帝国内では,礼拝のために多くの洗礼堂や集会所が必要とされました。しかし当時,それまでに建設された公共建造物の修復・維持に費用がかさみ,財政的に厳しい状況にあったローマ帝国は,既存の建物を転用することによってこうした礼拝に対する要求に応えていこうとします。その結果,洗礼堂としての「集中式」と,集会所としての「バシリカ式」とよばれる二つの平面形式が誕生することになりました。「集中式」とはもともと洗礼のために使われていたドーム付きの小型施設を転用したもので,円形のプランをしているのに対し,「バシリカ式」はもともと市場や裁判のために使われていた,長方形プランのバシリカを転用してつくられたものです。このようにして生まれた二つのプランは,その後の教会建築を代表する平面形式となりました。

ローマの資質

ラスティック体が最初に登場しはじめたのは,西暦初頭の1・2世紀頃ですが,それが普及し数多く用いられるようになったのは,これまでみてきたような分裂や混乱のあった時代の最中でした。ラスティック体の特徴については,字幅の狭さや筆圧の矛盾などに対する「紀元後最初の数世紀に使用されたこの文字は明らかに精神の分裂を反映している」 4 といった見方もあり,ここでもまた,時代を特徴づけている「分裂」という表現が登場します。
しかし,矛盾にみちた形といわれるラスティック体にも「書物」という居場所を与え,またその書物の普及という,社会にとっての大きな前進を経験することにもなった,この時代の心理を考えると,「分裂」という表現もその響きほど否定的に捉えるられるものではないのかもしれません。それができたのは,モザイクによる多様性の中で育まれたローマの人〻の中に,様〻な出来事によって揺さぶりを受け,時代が変容していく中にありながらも,それに柔軟に対応していけるだけの合成力 5 がもともと備わっていたからこそなのかもしれません。

1, 2|ランソン 2013,p. 9
3|ランソン 2013,p. 151
4|フェルデシ=パップ 1988,p. 182
5|グリマル 2009,p. 16



Date: 180714

Back
Next